• 本を探す・購入する

    • FP関連書籍
    • FPテキスト
    • CFP資格審査試験問題集
【FPテキスト】金融資産運用設計
FPテキスト

FP2:金融資産運用設計

信頼のロングセラーを誇り、FP関係者には定番となっている日本FP協会発行の「FPテキスト」の平成28年度版です(平成28年4月1日時点の法令に基づいています)。
CFP®試験を受験される方はもちろん、FP実務上で不明点を調べたい方、FP知識・技術のレベルアップを図りたい方などに“FP事典”としても必携です。
  • 【判型】

    B5判・2色刷

  • 【発行】

    2016.08.05

  • 【ISBNコード】

    978-4-907001-72-8

  • 【商品コード】

    4162

  • 【定価】

    1,944円 (本体価格1,800円)送料別

  • カートへ

■INDEX

第1部 理論編〜リターンとリスクの評価

序章 ライフプランと金融資産運用設計

  1. ライフプランと金融商品の選択
  2. ライフプランと目標リターンの算出
  3. 顧客のリスク許容度と金融商品の様々なリスクの把握
  4. 分散・積立を活用したポートフォリオの作成
  5. ポートフォリオのメンテナンス

第1章 ファイナンス理論の考え方

  1. 貨幣の時間価値
  2. リターンの測定
  3. リターンの分布と期待リターン
  4. リスクの測定
  5. ダウンサイド(下方)リスク
  6. リスクとリスクプレミアム

第2章 ポートフォリオ理論

  1. 2銘柄からなるポートフォリオのリスクとリターン
  2. 3銘柄以上からなるポートフォリオのリスクと期待リターン
  3. システマティック・リスク(ベータ)と非システマティック・リスクとは何か
  4. ベータ(β)の考え方
  5. ベータ(β)の推定に関する事例研究

第3章 資本資産価格決定モデル(CAPM)

  1. 資本資産価格決定モデル(CAPM)の考え方
  2. 投資成果の評価基準

第4章 効率的市場仮説(EMH)

  1. 効率的市場仮説
  2. 個人投資家にとって効率的市場仮説は何を意味するのか
  3. 行動ファイナンスとは

第5章 債券と金利

  1. 債券投資で用いられる各種の利回り
  2. スポットレートと債券価格
  3. スポットレートの形成
  4. 債券投資のリスク:デュレーション
  5. その他の債券投資リスク

第6章 株式の評価

  1. 配当割引モデル
  2. 株式の評価尺度

第7章 外貨建て資産への投資のリスクとリターン

第8章 派生商品(デリバティブ)とその評価

  1. 原資産とデリバティブ
  2. 先物取引
  3. オプション
  4. オプション価格
  5. デリバティブを組み込んだ金融商品

第9章 資産配分(アセットアロケーション)

  1. 資産配分とは
  2. 資産配分と目標リターンの事例研究
  3. 家計と資産配分

第2部 実務編〜最適ポートフォリオ選択に向けての知識

第1章 経済・金融の基礎知識

  1. 経済・景気動向の把握
  2. 金融市場と金融政策
  3. 預金者・投資家・保険契約者に対する保護制度
  4. 金融商品取引と法律

第2章 流動性預金と定期性預金

  1. 流動性預金
  2. 定期性預金
  3. 信託商品
  4. 外貨預金
  5. 税金
  6. 非課税貯蓄制度

第3章 積立型商品の基礎

  1. 積立型商品の概要
  2. 積立型商品

第4章 債券

  1. 債券の仕組みと商品
  2. 外国債券
  3. 税金

第5章 株式

  1. 株式市場と取引の基礎
  2. 外国株式
  3. 税金

第6章 派生商品

  1. 派生商品の概要
  2. 先物取引
  3. オプション取引
  4. スワップ取引
  5. デリバティブ取引と税金

第7章 転換社債型新株予約権付社債(転換社債)

  1. 転換社債型新株予約権付社債(転換社債)の基礎
  2. 転換社債型新株予約権付社債(転換社債)の評価及び投資技法
  3. 税金

第8章 投資信託

  1. 投資信託の概要
  2. 投資信託の種類と仕組み
  3. 証券投資信託の商品分類
  4. 投資信託の運用手法
  5. 投資信託のディスクロージャー
  6. 投資信託の売買・費用
  7. 投資信託の選び方・評価
  8. 投資信託の商品知識
  9. 投資信託に関連する事項
  10. 税金

第9章 その他の金融商品

  1. 金の基礎知識
  2. 商品ファンド
  3. 証券化商品

第10章 情報の収集と判断方法

  1. 景気・経済市況に関連するデータ
  2. 株式市場に関連するデータ
  3. 派生商品市場に関連するデータ
  4. 為替市場に関連するデータ
  5. 金利と債券市場に関連するデータ
ページトップへ